ビジネスクラス世界一周航空券で行く!「ザ ベスト オブ ワンワールド アライアンス」弾丸取材~世界一周体験記「ビジネス編」~

  • 3大メリット
  • 「最強」な理由!
  • ビジネスクラスのサービス
  • 世界一周運賃基本ルール
  • 逆引き辞典
ワンワールド・エクスプローラー・世界一周運賃ビジネスクラスが「最強」な理由!
値段が破格に安く、享受できるビジネスクラス専用のサービスと特典のメリットが大きい。
最上位のファーストクラスのサービスが一部の長距離線などで限定して提供され、縮小傾向にある中、各航空会社が最も力を入れてサービス競争を展開している主戦場がビジネスクラスである。私が薦める理由はただひとつ:通常の往復運賃と比べて値段が破格に安く、享受できるビジネスクラス専用のサービスと特典のメリットが大きいからである。
つまり、旅程内に組み込める最大区関数が16区間(フライト)であることを考えると、エコノミークラスの運賃に、1フライトあたり「+2万円」を追加すれば、ビジネスクラスの航空券が購入できるという、破格の料金設定であり、さらに後述のビジネスクラスのサービスと特典がすべて無料で受けられる事を考え合わせると、利用価値とコストパフォーマンスが非常に高い。実際、ワンワールドの数ある運賃商品の中で一番売れているのがワンワールド・エクスプローラー・世界一周のビジネスクラス運賃なのだ。
※運賃は2013年3月現在のもので、予告なく変更される場合がある。
※運賃には燃油サーチャージ、空港税、航空保険料などが別途加算されるので注意。
格安航空券 正規割引運賃 他のアライアンスの世界一周運賃 ワンワールド・エクスプローラー・世界一周運賃
  格安航空券 正規割引運賃 他のアライアンスの世界一周運賃 ワンワールド・エクスプローラー・世界一周運賃
価格設定
※燃油サーチャージおよびその他税金は含まず
予約、発券制限およびシーズン、空席状況により、価格変動あり 予約、発券制限およびシーズン、空席状況により、価格変動あり 通年同一価格
区間ごとの合計距離別に3段階の運賃を設定。最大16区間まで組入れ可能
通年同一価格
通過する大陸ゾーンの数で4種類の運賃を設定。最大16区間まで組み入れ可能
例:
東京=ロサンゼルス
(2013年1月中旬発)
<エコノミー往復>
5万円台~10万円台
<ビジネス往復>
30万円台~50万円台
例:
東京=ロサンゼルス
(2013年1月中旬発)
<エコノミー往復>
6万円台~20万円台
<ビジネス往復>
50万円台~100万円台
例:
東京-ロサンゼルス含む世界一周(年間一律)
<エコノミー世界一周>
34万円台~
<ビジネス世界一周>
66万円台~
例:
東京-ロサンゼルス含む世界一周(年間一律)
<エコノミー世界一周>
33万円台~
<ビジネス世界一周>
65万円台~
航空会社の選択 旅行会社の指定する航空会社に限定される 日本発着は自社便に限定
※他社運航によるコードシェア便も含む
アライアンス(航空連合)に加盟している航空会社すべてから選べる(最大16区間)
事前座席指定の有無 不可
※航空会社によっては可能
可能
マイレージの加算
(エコノミークラス)
不可
※航空会社と運賃の種類によっては可能な場合あり
可能
(25-100%)
自社便及び同じアライアンス加盟航空会社に乗った場合に可能
マイレージの加算
(ビジネスクラス)
不可
※航空会社と運賃の種類によっては可能な場合あり
可能
※100%+ボーナスマイル
自社便及び同じアライアンス加盟航空会社に乗った場合に可能
※100%+ボーナスマイル
上級会員になるためのマイレージ加算 不可 可能
※自社便に乗った場合に限定される場合が多い
自社便及び同じアライアンス加盟航空会社に乗った場合に可能
アライアンス内共通の上級会員資格が2つ
自社便及び同じアライアンス加盟航空会社に乗った場合に可能
アライアンス内共通の上級会員資格が3つ
※他のアライアンスは2つ
旅程期間 安いほど限定される 出発後6ヶ月以内など 出発後10日から1年 出発後3日から1年
出発後の予約変更 安いほど変更の自由度も低い 航空会社と経路の変更を伴わない変更は可能
※航空会社により変更が不可の場合あり
同じアライアンスであれば、航空会社の変更も無料で可能
※経路変更がある場合は有料
予約発券の期限 数は限定されるが、直前でも可能な場合あり 航空会社が指定。安いほど期限が早い。 予約日に応じて異なる発券期限が適用される
払い戻し 安いほど払い戻しの条件が厳しい 所定の手数料を取られるが、可能
※早割り系は手数料が高額
所定の手数料を取られるが、可能
燃油サーチャージ、税金、施設使用料など 発券時に有効な諸税、および燃油サーチャージが適用される
その他     一部の加盟航空会社と指定された機材に搭乗する場合にサーチャージが加算される 利用航空会社、や機材によるサーチャージなし