【6ヶ国目】 LAN航空でチリへGO!

【6ヶ国目】 LAN航空でチリへGO!

世界一周ルート

コロンビアからラン航空に乗って、目指すはチリの首都サンティアゴ!
「ラン航空」は、世界17カ国45都市、そして4つの系列航空会社で南米をほとんどカバーしているので、南米好きなら必ずお世話になる航空会社です。
特筆すべきは世界一周旅行での定番であるイースター島に唯一飛んで行けるのがラン航空なんです!
やっぱり行きたいし、見たいですよね、『モアイ像』!!
サンティアゴの空港には、モアイが一杯!!
モアイグッズ、モアイTシャツ、モアイチェスから大きなモアイ像まで、色々揃っているのでチェックしてみてください♪
南米をたくさん周りたい人や絶対にモアイを見たい人は、本当にラン航空が加盟しているワンワールド アライアンスの世界一周航空券がお薦めです!

ラン航空の機内サービスは、南米を拠点にしているだけあって、ラテンの雰囲気がスゴイです(笑)
キャビンアテンダントさん達がすっごくフレンドリーで、おしゃべりしていたらすっかり仲良くなってしまいました♪
南米の人達は、型にはまった接客をしないというのか、、大らかで自由に楽しく仕事してるというか、、
たまに、その分サービスも大らかで適当な事もありますが、それはご愛嬌♪ ラン航空の日本語HPへはコチラ

チリといったら、何といっても海鮮!
海鮮を食べなきゃ始まりません!!

チリはとても細長い国なので、ほとんどが海に面しているせいで、チリ中どこでも美味しい採れたての海鮮が食べられます。
日本のスーパーで「チリ産の○△×」と書かれた商品が海鮮コーナーにたくさん並んでいるのを思い出してしまいました!

市場にいくといろんな種類の、魚、貝、イカやウニが、ずらーっと並んでいるので、見ているだけでワクワクしちゃいます♪

パイラマリナという魚介のスープ
入っている魚介類の量が大量!すくってもすくっても魚や貝ばっかり!
そんな海鮮から取れたスープが、美味しくないはずがありません!

カスエラ デ ポジョはコンソメ味の煮込みスープ。
チキン(スペイン語でポジョ)と、じゃがいも、かぼちゃ、にんじん、たまねぎなんかが入って具沢山。
あっさりしてるけど、チキンのエキスがたっぷりでコクがあって美味しかった♪
具が大きいので意外と食べ応えあり。

日本人がウニを大好きなことを知っているので、市場では日本人に「ウニ!ウニあるよ!」って日本語でよく声を掛けています(笑)
海鮮料理を喜んで食べるのは意外と国外の人が多く、実はチリの人達はお肉が大好き♪
ステーキやハンバーガーを食べている光景をよく見かけます。
地元にいるほど名産物ってあまり食べないのは、どこの国でも同じなんですね♪

チリに来て驚いたことは、街中にカップルが多く、どのカップルもみんなラブラブなんです!!
道にも広場にも、若い子からお年寄りまで、手をつないだりハグしているカップルが一杯!

チリで仲良くなったマルセーラちゃんは、日本語も勉強していて日本が大好きな24歳。
彼女にもラブラブの彼氏がいて、どこでもハグしたり、キスしたりしてこっちが恥ずかしくなってしまいました(照)
でも、見渡せばまわりのカップルも同じようにハグしたり、キスしたり。。人前とか公衆の面前で・・・なんて堅っくるしい考えは南米チリには全く無いようです♪

マルセーラちゃんのお家でチリの女の子たちとのホームパーティーにお邪魔させてもらいました!
カップルはみんなあんなにラブラブなのか聞いてみたところ、
「街中でラブラブするのなんて当たり前!親の前でもラブラブよ!!」
「私にいつもサプライズをくれて、私をいつも喜ばせて、お姫様のように扱ってくれる人じゃないとね~!」
「毎日愛してるって言ってくれて、ずっと愛を表現してくれる人じゃなきゃだめよー!」 だそうです。。。

二人でいられる時間はなるべく一緒にいたい、仲が良いことはとっても良いことですよね♪
南米のオープンで情熱的な感じって、とても素敵でした。
日本男子よ!「奥ゆかしさ」も良いけれど、時には南米流の「ダイレクトな愛情表現」を!(笑)

加盟航空会社 LAN航空について ラテン・アメリカで最大規模かつ最も多くの賞を受賞している航空会社の1つである。4つの系列会社と共に、中南米の路線網に、北米、ヨーロッパ、オセアニア地域の約70都市へフライトを運航しています。イースター島への空路を持つ唯一の航空会社です!